株式会社YSDコーポレーションは、新電力を主体とした総合コンサルティングを行う、大阪市淀川区西中島の会社です。

新電力事業

新電力のご提案による、コスト削減をサポートいたします。

新電力(PPS)とは?

pc新電力(PPS)とは、既存の大手電力会社である一般電気事業者(現在、北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力など)とは別の、特定規模電気事業者(PPS:Power Producer and Supplier)のことで、「契約電力が50kw以上の需要家に対して、 一般電気事業者が有する電線路を通じて電力供給を行う事業者(いわゆる小売自由化部門への新規参入者(PPS)」(資源エネルギー庁)となっております。

つまり、契約電力が50kw以上ならば、既存の東京電力や関西電力など以外の新しい電力発電会社と電力契約を自由に契約ができるのです。
現在、日本の電力は使用する電力契約の大きさによっては自由化されているという事です。
一般家庭※のような小規模の電力契約ではまだですが、2000年の改正電気事業法施行による電力自由化から段階を経て2005年4月以降は、高圧50kw(高圧:6000V)以上の契約ならば、新電力会社であるPPSと契約できるという事になっています。
(※一般家庭でも、マンション1棟などの契約の場合は契約電力により、新電力と契約できる場合があります)

3.11の大震災以降、電力が不足し、この特定規模電気事業者である新電力会社がクローズアップされてきました。
また、関西電力などの一般電気事業者の自由化部門の電力料金の値上げに伴い、この機会に新電力会社と契約を検討されている方も多いかも知れません。
2013年9月10日現在、届け出がある新電力会社(PPS:特定規模電気事業者)は100社あります。
また、これら新電力会社の提案や契約の代行をしてくれるPPS代理店もあります。
新電力PPSポータルサイトでは、特定規模電気事業者である新電力会社(PPS)や契約代理店に関連する情報を提供しております。
(経済産業省は2012年3月初旬にPPSという名称はわかりにくいという事でPPSという名称を「新電力」に名称変更する事を発表しております)

新電力(PPS)の電力供給のバックアップについて

新電力で供給できる電力は、関西電力などの一般電気事業者に比べるとまだまだ少なく、これから新電力と契約を検討している需要家にとっては、安定して供給できるのだろうかという心配があるかも知れません。
いくら電力料金が安くても、時々停電したりするのでは困ります。

新電力と契約してもこのような心配がないように、安定して電力供給ができるような仕組みがあります。
まずは送電線ですが、新電力と契約しても基本的には送電線が変更になる事はありません。
現在の送電線を使って新電力から電力が供給されます。
また、発電設備のトラブルなどで一時的に新電力での電力供給ができない状態の場合に備えて、新電力会社は一般電気事業者などから電力を融通してもらう常時バックアップの契約のシステムがあります。
これにより、もし新電力が電力を供給できない場合が生じても停電になることなく電力が供給されるような仕組みになっています。

pps-backup

 電気料金の年間削減額を試算致します。

ご質問、ご相談、資料請求等、お気軽にお問い合わせください。

株式会社YSDコーポレーションは株式会社V-powerの一次代理店です。

当社は全国で代理店の募集をしています。詳しくはこちら。《新電力の代理店募集》

株式会社YSDコーポレーションでは、多岐に渡ってサービスを展開しております。

  • 新電力紹介業
  • 太陽光事業
  • メンテナンス事業・防汚コーティング材の卸し販売業
  • 代理店募集

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6886-6000 受付時間 10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社YSDコーポレーション All Rights Reserved.